私の三人称代名詞は

(男性的 )

文章での使い方の例

  • 思うにはめちゃくちゃ優しいですよ。
  • 私はのペンを借りてもいいかと尋ねました。
  • は家はのものと言いました。
  • 後でに教えてください。

共有


言葉の使用例

男性的 (彼)

  • てにをは一角獣, 2020

    • He(かれ)の心はさながらart 理解すら得られない
    • 誰もも揃いのUniform れに見えるは誘蛾灯
  • 煮ル果実wozwald(ヲズワルド), 2019

    • 誰だったっけ
      少し褒められ慣れたよう

三人称代名詞とはなんですか?

自分たちは皆、三人称の代名詞を使っていますね。誰かについて語るときに、名前の代わりに使うことが多い言葉です。 たいていの人が「」か「彼女」かを使うので、外見で判断するのは当たり前のことだと思われるかもしれません。 でもね、見かけほど簡単ではありません...

ジェンダーは複雑なんです。人は必ずしも自分のジェンダーに「似ている」とは限りません。 人が想定するものとは異なる呼び方を好む人もいますね。 人によっては、「男性」や「女性」というラベルが似合わず、ジェンダーニュートラルな表現を好む人もいます。

このサイトは、自分の三人称代名詞をリンクで共有することができます。しかも、例文がありますので、 どのように呼ばれたいかをわかりやすく示すことができます。

「なぜそんなことが大切なのか?」お互いの人間性を尊重することです。 自分が「さくら」という名前の方が好きだからとか、相手に「さくら」という名前が似合うからといって、かえでさんを「さくらさん」と呼ぶことはないでしょう。 自分は「かえで」と呼ばれるのが好きで、「さくらさん」と呼ばれるのは好きじゃないのですが、出生証明書に書いてあっても「さくらさん」とは呼ばれたくないでしょうね。 これは、人称代名詞も同じです。 失礼にならないようにするには、正しい人称代名詞をちゃんと使うようにしましょう。 人の名前は知っていても、人称代名詞を知らない人は多いですよね。 自己紹介では名前を言いましょうね!ただし、人称代名詞を伝える人はまだあまり多くありません。では、あなたから始めましょう!

ホーム